新しいブログを開発・公開しました

Qiita

Qiita

PythonでXML(RSS)を生成する

はじめに PythonでRSS ver2を出力する必要があったのですが、その際に何度かコケたのでメモ。 Pythonはjsonと親和性が高いですが、XMLは扱いづらいように思います。 以下のようにいくつかライブラリはあるものの何かとやりたいことが実現できず。 feedgenerator → google製で良さげに見えるが、lastUpdateなど独自仕様のタグを生成できない xml.etree.ElementTree → タグ要素に日本語を入れるとExpatErrorが発生 ...
Qiita

iTerm2の指定できるフォントサイズを追加する

はじめに iTerm2で16ptあたりのフォントサイズが指定できなかったのでメモ。 Rictyのような等幅フォントを利用する場合、個人的には16ptあたりが好みのフォントサイズです。ただし、iTerm2ではフォントサイズは選択式になっており、デフォルトでは16ptは指定できません。 やり方 Preference>Profiles>Text>Change Font 左上の歯車マーク>Edit Sizes... 自分の好みのフォントサイズを入力して、+ボタン...
Qiita

JavaScript実行後のHTMLをGASで取得する

はじめに Google Apps Script(GAS)でJavaScript実行後のHTMLソースを取得(Webスクレイピング)するのに一手間かかったのでメモ。 GASだと以下のコードでHTMLが取得できます。 var url = "http://example.com"; var response = UrlFetchApp.fetch(url).getContentText(); が、これだとJavaScript実行前のHTMLが返却されます。 例えば、あるキーワードを検索...
Qiita

機械学習向けデータのクラス間のサンプル数を揃える with Python

機械学習をする上でクラス間のサンプル数が揃っていることが望ましいです. しかし実際にはそんなきれいなデータばかりではなく, クラス間のサンプル数が異なるデータもしばしば. 今回, ラベルデータに記されたクラス間のサンプル数を揃える処理をPythonで実装したのでメモ. やりたいこと 以下の様なデータ配列とそのラベルデータがあった際に ラベルデータのサンプル数を揃える 1番の処理に合わせてデータ配列の要素も取り除く # データ配列 data = np.array([10, 11, 12...
Qiita

MacでWiFiの電波状況をすぐに調べられるようにする

はじめに Macに標準でインストールされている「ワイヤレス診断」アプリを使うと, WiFiの電波状況を調べることができる. ただし, 起動時の画面が邪魔だったり, アプリの場所がよくわからなかったりでいまいち不便. すぐに起動できるアプリをAppleScriptで作ってみた. 実際の動作 使い方 下のリンクからzipファイルをダウンロード & 解凍. WiFiScan Starter.appを起動. https://github.com/icchi-h/WiFi...
Qiita

enhancdの実行後に自動でlsコマンドを実行する

enhancdとは b4b4r07/enhancd ❤ GitHub A next-generation cd command with an interactive filter @b4b4r07さんによって開発されたcdの拡張コマンドです. これが非常に便利で私も愛用しています. ターミナルを利用されている方は一度試してみてはいかがでしょうか. 詳細は開発者様の記事が参考になります. ターミナルのディレクトリ移動を高速化する autojump/z から乗り換えよう、cd ...