ブログβ版を開発・公開しました
Qiita

D3のコードをES5からES6に書き直す場合はthisの扱いに注意

はじめに ES5書かれていたd3のコードをES6に書き直した際に、文法的には間違っていないのにエラーが発生したのでメモ。 問題 selectAll()で取得した要素をeach()でループ処理する際に、各要素を適切に取得できていなかった。 エラー箇所 修正後 d3.selectAll('.hoge') .each(d => { const fuga = d3.select(this); // DOM内にhogeクラスはあるのに変数fugaがundefinedてしま...
開発

地震の震度分布地図画像を自動的に生成するシステムを作ってみた

はじめに ちょっとした要望から、地震の震度分布図を自動的に作れるようにしてみました。 地震情報からSVG画像を生成する部分は以下の記事にま...
Qiita

気象庁防災情報XMLとD3.jsを使って地震の震度分布図を作る

はじめに ちょっとした要望から地震の震度分布図を作ることになりました。 この記事では構成の解説や感想をまとめています。 震度分布図を作るといってもやり方はいろいろあります。例えばArcGISのようなGIS系ソフトを使えば、手軽にグラデーションで表現することも可能です。 引用元: ユーザーのデータを活かす、豊富なオンラインマップコンテンツ ただし今回は画像生成機能をシステムに組み込む予定だったため 、GUIソフトは利用しませんでした。 また仕様(要望)として「高品質かつ後の編集用にベク...

Qiita

傾斜をつけた割り勘計算ツールを作ってみた

はじめに 忘年会等の飲み会イベントで幹事を任されるのは若手の宿命。 かく言う私も例外ではありませんでした。私の勤務先の場合、社員の年齢差が大きいため傾斜をつけることがほとんど。ただ、この傾斜計算、参加者全員分の年次を把握したり傾斜の具合を微調節したりと意外に面倒で時間をとられます。 いい感じのサービスがないか検索してみたものの、PCサイト用のものはスマホでレウアウトが崩れるし、スマホ向けにはネイティブアプリばかりでPCからは利用できず。意外にもPC・スマホ双方で適切に動くものは見つけられ...

生活

2018年の総括と2019年の抱負

あけましておめでとうございます。 若干出遅れましたが、年末年始エントリーを書いていきます。 2018年のまとめ 1月: グラフ生成ツ...
生活

ICL手術を受けてみた Part1: 検討・準備編

先日、数ヶ月かけて準備してきたICL(視力矯正)手術を受けてきました。